大豆の成分新着一覧

「大豆の成分」カテゴリ内の記事一覧。新着順。

貯蔵タンパク質

大豆の成分

大豆などのマメ類種子には、20~40%のタンパク質が含まれている。これらのタンパク質にはアミラーゼ、ウレアーゼのような機能タンパク質、リボゾーム、細胞壁などを構成する構造タンパク質などが含まれている。このうち、貯蔵タンパク質が最も多量に存在し、種子全タンパク質の70~80%を占めている。
植物の貯蔵タンパク質(愛媛大学農学部)
種子貯蔵タンパク質の蓄積メカニズム( 科学技術振興機構)

グリシニン

大豆の成分

大豆たんぱく質の半分近くを占めるのがグリシニン。低カロリー、低コレステロールの質の良いタンパク質源として注目されている。グリシニンは血中のコレステロールや中性脂肪の濃度を低下させると言われている。
豆腐が固まるのはタンパク質

不飽和脂肪酸

大豆の成分

不飽和脂肪酸が体によいといわれるのは、血液中のコレステロール値を下げる働きをするためである。反対に、飽和脂肪酸はコレステロール値や中性脂肪値を上げてしまう。飽和脂肪酸の多い動物性脂肪には、コレステロールが多く含まれているが、植物性脂肪にはコレステロールがほとんど含まれていない。
不飽和脂肪酸(常識ぽてち)
不飽和脂肪酸 (イートスマート)

必須アミノ酸

大豆の成分

たんぱく質を構成するアミノ酸は約20種類。そのうち8種類(イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン)は体内で合成できない。これらが不足すると栄養障害を引き起こすので、必須アミノ酸という。これらは必要な分を食物たんぱく質から摂取しなくてはならない。
アミノ酸の基礎知識(ドクター・サプリメント)

糖質

大豆の成分

糖質とは糖を主成分とする物質の総称であり炭水化物とも呼ばれ、ヒトの栄養素の中でも最も重要なものである。大豆に含まれる糖質としては、「オリゴ糖」という種類が中心であり、特に「ショ糖」、「スタキオース」や「ラフィノース」という物質に富む。
炭水化物、糖質(江崎グリコ)

鉄分

大豆の成分

鉄分が不足すると、貧血や頭痛、立ちくらみ、呼吸困難、容易に疲労しやすく感じるという症状が現れる。大豆や大豆を原料にした豆腐などの大豆加工食品などは、鉄分を多く含んだ食べ物としてよく知られている。鉄分はビタミンCを併用することにより吸収が促進される。鉄分を多く含む食品は、濃緑野菜、大豆、小麦、レバー、牛肉、干しぶどう、などである。
鉄分は鉄なんですか?(YAHOO知恵袋)

タンパク質

大豆の成分

植物性である大豆には多くの高品質のタンパク質が含まれており「畑の肉」などと呼ばれている。大豆タンパクは植物性タンパク質で必須アミノ酸をバランスよく含み、中性脂肪を体外へ排出させる。
タンパク質(農林水産省大豆のホームページ)

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6 

アマゾン:おすすめの100冊
電子辞書・PDAの最新情報
人気の海外ブランド時計
最新ソフトウェア